診療科紹介

皮膚科について

皮膚病から他の内臓疾患が見つかることもあり、他科との連携を取りながら診療しています。 患者さんへの説明はなるべく分かりやすい言葉を用い、納得して頂けるよう心がけています。

皮膚科の取り組み(治療に関して)

アトピー性皮膚炎、蕁麻疹、接触皮膚炎(かぶれ)などのアレルギー性疾患 外用、内服療法の他、原因検索や生活指導にも重点をおいています。 特にアトピー性皮膚炎ではステロイド、免疫抑制剤等の外用法を指導します。
爪水虫 外用療法だけでは治りにくいため、内服療法を積極的に行っています。
ニキビ 抗生剤、ビタミン剤、漢方の内服、外用療法の他、化粧品の指導も行っています。
尋常性疣贅(イボ) 液体窒素療法の他、漢方薬による治療も行っております。
レーザー・腫瘍 心配なホクロや腫瘍に対しては、性質の確認を行います。
乾癬・掌蹠膿疱症 外用療法の他、ビタミンA代謝産物や免疫抑制剤の内服を必要とすることがあります。

皮膚科の取り組み(予約外来)

外来小手術 ホクロや皮膚腫瘍の手術やレーザー治療を局所麻酔で行います。
ケミカルピーリング 主としてニキビを対象に行います。その他シミ、くすみ、小じわに対しanti-aging(抗老化)を目的に行っております。ピーリング後、当院で調剤しているビタミンC・ヒアルロン酸入り化粧水やハイドロキノン軟膏を併用しますと、より効果的です。レーザーは怖いけれど、簡単に出来る治療法には興味があるという方、気軽にご相談下さい。